ロゴ
HOME>イチオシ情報>専門書の処分方法をチェック!高額買取への道

専門書の処分方法をチェック!高額買取への道

本

分野に合った業者

自宅の本棚に多くの本が眠っているかもしれません。現在それらを使っていて将来も使う予定があるなら、そのまま持っておいても良いでしょう。しかしすでに不要になっていたり興味の対象外になっていたりするものもあります。その時は業者に買取ってもらうと良いかもしれません。本は古本屋で対応してくれますが、専門書は一般的な古本屋に持ち込んでも高額の評価は期待できないでしょう。古本屋はそれぞれの本の価値よりも、新しいか古いかで評価をするときがあります。古い物は一律で低評価になりやすいです。古書街などに行くと分野ごとにお店が並んでいます。自分の持っている本の専門分野を確認し、その分野を扱っている業者へ持ち込めば高い評価も期待できます。

本

市場の価値を反映

本には新品と中古品があります。どちらも販売されているときもあれば、絶版などは新品がなく中古品しかありません。絶版と呼ばれるものには人気のあるものもあり、欲しいと考えている人が結構います。専門書の買取をしてくれる業者があり、それらのお店では他の分野の本は扱っていません。古い本から新しい本まで扱っていて、市場の価値に応じた買取をしてくれるので人気があります。古くても絶版で欲しがる人が多い本は価値が高くなり、高額評価になりやすいです。新しくてもそれなりに出回っている本だと市場価値は定価よりも大きく下がるときもあります。貴重な本などを持っているのであれば、専門の業者に持ち込んだ方が高く買ってくれるでしょう。